SDGsの取り組み

2022.01.25

【企業様向セミナー】「SDGs STEP1」を開催しました

1月15日、紙の環プロジェクト企画の一環で、「知って気づいて実践!SDGs STEP1」と題したセミナーを開催しました。

昨年8月には、小学生、中学生の親子の皆さんを対象にしたセミナー「2030年の身近な未来を考えよう!」を開催。今回はセミナー企画第2弾として、3組の企業の皆さんにご参加いただきました。

セミナーの目的は、SDGsが私たちの暮らしや仕事にどう関わっているのかを知り、具体的に明日から何ができるのかを、「身近なSDGs」「仕事の中のSDGs」というテーマを通して気づいていただき、自社に持ち帰っていただくこと。

まずSDGsの17の目標の意味や、日本がいま達成できている、またできていない目標は何番か、などのレクチャーからスタートしました。
サスティナブルコーヒーとチョコレートでのブレイクタイムでは、さまざまなエコマークの意味を紹介。「レインフォレスト・アライアンス認証マーク」や「バイオマスマーク」、「再生紙使用(R)マーク」など、普段目にする商品についた認証マークが〝環境保全に貢献する商品“であることを皆さんと一緒に確かめました。

後半ではそれぞれのお仕事、事業が、SDGsの何番の目標につながっているのかを、「すでに達成できていること」「達成のために今後努力していくこと」に分けて考えるワークを行いました。
ワークの後、一社ずつ発表いただく中で、どの事業も地域、社会になくてはならないものであることや、各社の社員の皆さんがいかに自社の社会的存在価値を感じ、社会に強く発信して共感の環を広げるか・・・その大切さを、皆さんも私たちも、改めて感じることができたのではないかと思います。

ご参加いただいた皆さま、お忙しい中誠にありがとうございました。

一人ひとりの行動、また一社の企業の取り組みでは達成を遠く感じる目標も、共感し合える仲間を増やすことで、達成に少しずつ近づける!そう思えた時間でした。

今後もこのような、共に学ぶ型SDGsセミナーを開催していく予定です。SDGsに興味があるけどまだよく知らないな、自社の事業とどう関連しているのかな、と思っていらっしゃる方!ぜひご参加お待ちしております!!

※セミナーは弊社ガイドラインに則った感染症対策を行い開催致しました。

MENU