SDGsの取り組み

Category/

2021.06.01

紙の環プロジェクト 進行中です

営業部の浅井洵です。

以前こちらでもお伝えした、紙の環プロジェクトが進行中です。

現在、弊社のが関わるお客様に声をかけ、少しずつ協力してくれる企業様が見つかってきています。自分たちの想いを営業である私たちが伝えていき大きな輪にしていきたいです。

紙の環プロジェクトではお客様・団体様に持続可能な社会を作るための活動するきっかけになれば良いなと考えてます。SDGsという言葉が広まっている現在で何からやろうかと思ったときに、紙の環プロジェクトが多くの企業の方々を繋ぐスタートにしたいです。

私が紙の環プロジェクトを通してつくりたいものは富士凸版印刷の使命である、「豊かな社会を未来へ繋ぐ」ことです。

今回は私自身が紙の環プロジェクトを始めようと思った経緯をお話しします。

1つは森林を守りたいという思いからです。・・・なぜ森林を守りたいのか、自分たちの生産している製品のほとんどが紙媒体で紙は木材チップから製造されています。という事は伐採した木から自分たちの仕事が成り立っているという事です。昨今森林が減少していく中で少しでも食い止めたり、もっと大切に扱っていかないといけないと思い、自分たちがお客様に納品させて頂いた商品を次の新しい紙に生まれ変わらせたかったからです。

そしてもう一つは、自分の子供が働きたい会社にしたいという思いからです。
自分の子供を見ていると、子供と同じような歳の子たちが、食べ物が満足に食べれなかったり、共働きの御両親で帰りが遅く、寂しい思いをしている子たちがいると思うとたまらなくなりました。

私が仕事を通して残したいのは子供たちに自然のある未来を残していきたい。木に触れて土に触れて五感で自然を感じれると体が喜ぶと思うからです、私は小さいころから父に連れられてキャンプしてました。今思うと大自然の中で思いっきり体を動かしていた事が、心と体の豊かさに繋がっているのかと思います。自分の仕事で未来に残すテーマが見つかりました。

子ども達が笑っているのが大好きだから

これから先も豊かな自然と顔を未来に繋げていきたいです。

MENU