Works

事例紹介

previous arrow
next arrow
Slider

今日からできるSDGs

環境問題を毎日身近に考えてみよう

https://sdgsdiary.wixsite.com/student

実施施作

関西学院大学、甲南大学の学生の皆さんがチームを作り、「今日からできるSDGs」をテーマにダイアリーを制作。富士凸版印刷が印刷製本を行いました。

B6サイズ、112ページのダイアリーは、SDGsダイアリー制作チームの「SDGsを毎日、身近に感じてほしい」という思いから誕生。自治体や企業に協賛、協力を呼びかけ、クラウドファンディングで賛同者を募りました。
クラウドファンディングは目標額を早々に達成。HPやSNSで情報発信を重ね、オンラインでのSDGs講座など、若さと熱い情熱あふれるチームの活動は多くの人を巻き込んで、注目を集め続けています。

代表の関西学院大学人間福祉学部社会起業学科3年生・原田瑞穂さんは、
「SDGsの達成には、ひとりひとりの日々の取り組みが大切」と、このダイアリーを企画。SDGsと環境印刷に取り組む富士凸版印刷に印刷を相談くださいました。

リクエストは「環境にやさしい印刷、環境に配慮した紙で」。
表紙は古紙65%以上配合の紙に。中面、帯にはサトウキビの搾りかすを10%以上配合した紙に、石油系溶剤不使用のノンVOCインクで印刷しました。
学生の皆さんの行動力、実行力をカタチにしたい!という一心で富士凸版印刷も取り組み、納品後届いた、チームの皆さんが自分たちで一冊ずつカバー掛けをする動画に心がホッとあたたまりました。

バッグにいつも入れて持ち歩きたいダイアリー。
「2030年、どんな地球にしたい?」という問いにはじまり、「こまめにスイッチを消そう」「女性/男性だから~などと言わないようにしよう」「世界のスラムを調べてみよう」など、今日から誰でも、すぐに実践できる“SDGsの一歩”が記されています。

チームの素晴らしい取り組みは「第2回 関西SDGsユース・アイデアコンテスト2020」で準グランプリを受賞。数多くのメディアに取り上げられています。

「今日からできるSDGsダイアリー」

MENU