Green Printing

環境印刷

地球にやさしい印刷製品づくり

GP認定工場

FSC認証取得

再エネ電力100%

グリーンプリンティング(GP)認定工場

 富士凸版印刷株式会社は2021年6月にオフセット印刷部門、グリーンプリンティング工場として認定されました。
  認定基準は70項目に及び、有害物質の削減、省資源、省エネルギー、物質循環・生物多様性の保全、取組みの継続性・改善性等の観点から具体的な内容が設定されています。また法令や条例に対する遵法はもちろん、地域住民への環境影響(悪臭、騒音、振動等)を未然に防ぐ対策を盛り込んでいるほか、VOC発生などの大気汚染防止、廃棄物削減、リサイクル推進、地球温暖化防止など、地球規模での環境対応を基準化しています。労働安全衛生の配慮、緊急時対応の基準が追加されるなど、この基準は随時見直されています。

再エネ電力

事業活動で消費する電力を、再生エネルギー100%で行っています。

H-UVオフセット印刷機

ハイブリッドUV(H-UV)印刷機は、従来の油性インキではなく、専用の高感度紫外線硬化型インキを使用。省エネオゾンレスUVランプを搭載し、環境に配慮した資材と装置で速乾性を実現しています。

ノンVOCインク

大気汚染の原因となるVOC(揮発性有機化合物)を発生しない、植物油由来のノンVOCインクを使用しています。

スター付き資材

印刷資材はすべてグリーンプリンティング資機材認定製品ワンスター以上の製品を使用。環境に配慮した資材、機械の購入方針を立て、有害物質を含まない資材購入を推進しています。

現像レス刷版

刷版(印刷の絵柄を写し出すプレート)は現像レスのため、特定産業廃棄物に指定される廃液を出しません。

損紙・古紙のリサイクル

印刷工程で発生する損紙は古紙のリサイクル率100%です。

ウエスの再利用

印刷工程でのインクのふき取りなどに使用するウエスは、使用済みウエスを再生・再利用しています。

湿し水の回収

非画線部へのインクの付着を防ぐ湿し水は、使用後廃棄物処理業者により回収。適切な処理により水質汚染を防いでいます。

環境負荷低減活動

①環境負荷低減活動手順書に基づき、室温管理、照明管理を行っています。

②環境配慮型車両の導入とアイドリングストップなどのエコ運転を推進し、地球温暖化に貢献しています。

5Sパトロールの実施

5Sパトロールチェックリストに基づき、5Sの徹底をはかり、年1回遵守項目の見直しを行っています。

Certification /
Authentication認定・認証

SBT認証

2015年のパリ協定で定められた産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度未満に抑え、平均気温上昇1.5度未満を目指します。

グリーンプリンティング工場認定

印刷産業界の環境自主基準「印刷サービスグリーン基準」を達成した工場と認定されました。環境に配慮した印刷をすることで、「人にも地球にもやさしい印刷」をしていきます。

FSC®認証

FSC®の原則と基準に則り、適切な森林管理がなされていると認証された森林の林産物を、製品の製造、加工、流通の全ての過程において、適切に管理・使用し作成された製品であることを認証するマークです。

再エネ100宣言 RE Action

再エネ100宣言 RE Actionは、企業、自治体、教育機関、医療機関等の団体が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組みです。

地方創生SDGs 官民連携プラットフォーム

SDGsを通して、より一層の地方創生につなげる活動を行います

JAPHICマーク

個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備し運用している事業者を認定する第三者認証「JAPHICマーク」です。

あいち女性の活躍促進宣言(愛知県)

女性力をビジネスに活かすとともに一人ひとりがスキルアップを志し、女性と男性が共創する社風を維持継続することで、さらなるクライアントの価値創造に貢献することを宣言しています。

MENU