SDGsの取り組み

2023.12.19

残紙を使ってオリジナルノートを作りました!

残紙とは、印刷製品の製造工程でどうしても余ってしまう紙のことです。

他の製品の試し刷りに使ったり、活用できるものは活用するのですが、それでも余ってしまうものはリサイクルに出すことになります。

でも、まだまだ使える真っ白な紙をリサイクルしてしまうのはもったいない気がする・・・。

これで何か作れないだろうか、ということで思いついたのが残紙ノートです!

ただ紙をノートの形にするだけでなく、ノートとしていつも持ち歩けて楽しく使えるものにするために、いろんなこだわりを詰め込みました!

こだわりを実現するためにデザイナー、印刷オペレーター、製本加工やさんの力を結集!

紙の種類が違う印刷は技術と経験、センスが必要不可欠!印刷オペレーターの腕がなります。

「印刷、順調に進行中です。表紙台UPしました✨」と製造部から写真付きの報告があがり、「おお~!!」と感激の声。

色もキレイに出ていますね!

特にこだわり抜いた表紙は12種類。

人間による乱獲や森林伐採による生息地の減少、地球環境の変化などで数を減らし、絶滅に瀕している動物たちをイラストとして載せることで、環境保全に興味を持っていただくきっかけになればと思い、作りました。

ぜひお気に入りを見つけて、この子たちを守るために自分に何ができるか考えていただけるととても嬉しいです。

紙は森から木を切り出して作ります。森は様々な生き物が生まれ、豊かな生態系を育む場所です。

紙を大切に使うこと、きちんと管理された森から作られる紙を選ぶこと、それだけでも環境を保全することにつながります。

このノートづくりを通して、私たちも日々の業務の中で社会や地球にどう貢献できるかを常に考えていきたいと改めて感じました。

ノートはお世話になっている皆様へお届けします!

いつも富士凸版印刷をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

MENU